地魚と金目鯛!静岡県下田市の魅力にふれてきた話

shimoda1

夏の観光地として大賑わいなのが伊豆。
金目鯛日本一の水揚げや日米和親条約で開港した場所として知られる下田市。

今回はそんな下田市を食べ歩きしてきました。

shimoda2

レンタサイクル屋さんでゆっくり街巡り。
2000円で一日借りてきました。金髪の店長と話しているうちにアメいただきました(笑)

shimoda3

黒船の影響か、ローソンも黒いです!

魅力いっぱいの下田の食べ歩き

shimoda4

まずは、こちらの寿司勝さんにおじゃましました。
開店前に来たのですが、すでに25人ほどの行列っぷりで
30分ほど待ってました。

shimoda5

地魚丼(1600円)

カンパチ・メダイ・イカ・サーモン・アジ・イサキ・カツオなどの丼です。
日によって取れる魚が違うので、具も変わってくるんだとか。

shimoda7

次に訪れたのは、居酒屋の魚助さん。
地元の人も結構な人数でいらっしゃいました。

shimoda6

金目鯛の煮付け定食(2300円)

熱海でキンメの煮付けを食べたときよりも半身がある分、
すごく豪華だなあと感じましたね。

shimoda17

自転車を10分ほど飛ばして道の駅に。
こちらでは、お土産とともに下田バーガーが好評でした。

shimoda16

下田バーガー(1000円)

キンメのフライが半身で乗っかっています。
この下田バーガー、写真では分かりづらいですが、すごく大きいんです!
ボリュームいっぱいのプレートでした。

食後の甘いものと日帰り温泉

shimoda11

食後はこちらの喫茶店、こぉひぃはうす可否館へ。
写真からは伝わりづらいですが、この日は猛暑日で既にへばってました。

shimoda8

台湾式かき氷マンゴー(750円)

かき氷とは書いていましたが、アイスクリームと下にトコロテンが
入っていました。暑かったのもあって、これが一番のお気に入りでしたね。

shimoda9

ハリスの夢(700円)

店主のこだわりブレンドコーヒー。
保命酒・クリーム入りで飲みやすかったです。

shimoda10

店主はアンティークなどもこだわりがあるようでした。
少しお話したのですが、小倉トーストという裏メニューもあるのだとか。
もう一度行ってみたい場所ではありました。

shimoda14

その後、黒船ホテルで日帰り温泉。

shimoda12 shimoda13

誰もいないレトロなゲームセンターには味がありました。

shimoda15 shimoda18

最後は、地元のサイダーと夏みかんシャーベットを。

まとめ

・金目鯛をはじめとした魚がとにかく美味しい
・本場の台湾式かき氷を食べてみたい

とはいえ、下田もまだまだ味わい尽くしたわけではありません。
金目鯛コロッケや、郷土料理である、いけんだ煮みそも食べたかったですね。
伊東線~下田は東京からJRで4時間くらいかかりますが、
思い切って1日使い、楽しむこともいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

1980年6月26日生まれ。A型。 仙台市の学習塾「藤原進学塾」を運営しております。ボードゲーム「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者です。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。 自由でストレスのない生活を送るために、人生を楽しむための企画づくりを毎日のテーマとしております!