なぜ転売ヤーは「悪」とみなされるのか

tenbai

ヤフオクやAmazonで個人売買がメジャーな手段になってきたと同時に、
人気家電・ゲーム・玩具などの嗜好品が、定価よりもはるかに高い値段で
売られることが多くなりました。

俗に言う転売。僕らはあまりいいイメージを持っていないところですが、
転売そのものを悪とみなす人も多いですよね。

今回はこの転売について詳しく考えてみましょう。

「せどり」と「転売」の違いとは

昔から「せどり」と言われる商売があります。
現地でお店あるいは生産者から安く仕入れ、販売し、
その差益を得るビジネスです。

「せどり」も「転売」も同じことをやっているのに、
なぜか、「転売」ということになると
不当にお金を得ているイメージすらありますね。

さて、「せどり」は差益を得るビジネスと書きましたが、
突き詰めれば、この差益は安いものを見つけてくれたという

「手数料」としての報酬なんですね。

みなさんもスーパーで安いものを探して、あちこち回ったことはないですか?
その結果、最安値に出会ったとします。その差益分と考えれば
分かりやすいかと思います。

しかし、例えばヨドバシカメラのような家電量販店も
「せどり」と実は同じようなことをしていて、

メーカーで作ったものを大量に仕入れて、
店舗で手数料を加えて売っています。

「せどり」と「家電量販店」は個人と企業の違いだけで
やっていることは同じなんです。

転売の利益構造とは

さてここを踏まえてのお話になりますが、

「せどり」も「家電量販店」も実際、メーカーから

いくらで仕入れているか、全てを明示しているわけではありません。

この値段は「オープン価格」と呼ばれています。
つまり小売価格が適正な価格だと消費者が納得すれば、

極端な話、オープン価格原価が1000円で
定価が10000円であっても問題ないわけです。

転売とせどりが決定的に違うのは、この点でして
転売は、希少品を買い込んで、品切れにさせたあと、
小売価格よりも高く売る点において、一線を画しています。

ただ、せどりでも転売でも、明確なラインは存在してないので、
どこからが転売になるか微妙ですし、もちろん犯罪行為でもありません。
(チケットの転売は禁じられていますが)

小売価格からさらに値段を上げているので、

消費者からすれば、不当と思うことが多い
→「転売」は悪しきもの と捉えられているのではないでしょうか。

社会貢献に対して対価を与えるべき

「せどり」や「家電量販店」は社会全体に対して
どのような貢献をしているでしょうか。

「消費者の欲しいものを手元に届くようにしてあげている」

この一点において、みんなの為になっているからこそ、
ビジネスが成立し、対価を得ることも問題ないわけですが、

転売の場合はどうでしょうか。

品切れにさせるということは、本来、手に入るはずだった
消費者の買う機会を奪って、他の人に売っている行為です。

社会全体に対して、プラスになっているとは言い難い面があり、
これから規制されてもやむを得ない立場になっていくでしょうね。

まとめ

・手数料を得るビジネスとしては「せどり」「家電量販店」と同じ
・定価よりもさらに値段を上げているから、不当性を感じやすい
・社会全体に貢献していない以上、何かしら規制が入ってもおかしくない

「せどり」という名前はあまり聞かないかもしれませんが、
例えば、日本の古書などを古本屋から仕入れ、
それを海外で売っている人も存在します。

言葉を訳し、小売店にもないものをわざわざ手間をかけて
手に入れる機会を与えてくれるわけですから、
その対価を僕らは払うべきでしょう。

転売はこのような例と比較しても、容易すぎることも問題ですね。
駆け込み需要の原因にもなってしまいます。