「占ったら人狼でした」信用勝負に弱い人の人狼ゲームの振る舞い方

warewolf

僕が人狼ゲームをやって、人狼だったとき、
みんなが潜伏するパターンが多いので、たいてい占い師か霊媒師として登場します。

そうすると、真占い師が出てきた時にまず勝てないんですね。
「先生、いつもウソつくじゃん」で完封ですw
つまり、どう言おうが信用勝負で負けてしまうんです。

何回か人狼ゲームをしていると、よくウソをつく人が分かってきますよね。
そんな人が信用勝負で負けてもどうすればいいか今回は考察してみましょう。

潜伏しても占われやすい立場ということを覚えておくべし

ここまで聞いていると、
「ウソを言うから疑われるんだろ?潜伏してればいいじゃん」と
思われるかもしれません。

たしかに、潜伏していれば真占い師から占われない限り安心でしょうが、
「ウソの多い人」は占われることも多いのです。
うまい方でしたら、そういった人は昼に吊るようになるんでしょうけどね。

というわけで、存在するだけでヘイトが若干多い(笑)ので、
潜伏しても怪しまれるのは確かです。

「僕が人狼なら、ウソを言っているはずだろう?
 黙っていたってことは今回は市民なんだよ!」

っていう論理もアリといえばアリなんですが、成功するかは微妙なところです。

いっそのこと、みんな巻き込んでしまえ

人は、「占って人間でした」という発言よりも
「占って人狼でした」という発言の方を信じる傾向があります。

「じゃあ、あいつとりあえず吊って、霊媒師で見ればいいんじゃない?」
という理論があるからです。

占い師が限りなく人狼に見えても、
(最悪、それで騙った占い師が昼に吊られたとしても)
人狼と言われた疑いはそうそう消えることはありません。

しかし、このとき、真占い師が自分のことを人狼ですと言われた時に、
1日目の昼であっても、CCOして占い師を騙り、
真占い師のことを人狼でしたと返すのはあまり有効な手とは言えません。
信用勝負で大きく負けていると、両方吊りの展開にはなりづらいからです。
おおかた、真占い師の信用度を上げてしまう結果になるでしょう。

結局、高い確率で釣られるがそれでも良いと考える

よほど少人数でやらない限り、人狼は2人以上います。

自分が信用勝負で負け吊られたといても、できるだけ相方に対する
疑いの芽を育ててはいけません。

むしろ自分の命を犠牲にして、潜伏狼がどうやって生き残るか考えるべきです。
どちらにしろ、2人が潜伏しても狂人(多重人格)が上手でないと
まず2人は生き残れません。

潜伏狼の存在を発言してもいいでしょう。
占われて狼と言われても、
「僕が狼としてもあと一人は潜伏しているんだろ?
 ならそちらを先に発見すべきだ」
とくらいは言ってもよいでしょうね。

第三陣営である吸血鬼(ハムスター、狐)などがいた場合も同様です。
それらがいるということを喚起してあげる、違う目線が存在することを
発言すれば、即吊りを回避できる確率は上がるでしょう。

人を騙すときは、最初はもっともらしきこと、真実を言う。
その後から、徐々に混乱させていけば良いのです。

方向を少し変えるだけで、また違った面白みを気づかせてあげましょう。

まとめ

・疑われるからという理由で潜伏するのは結果的に損しやすい
・とりあえずあいつは人狼と言ってみる方が、混乱する
・自分は死んでも潜伏狼のためと考える

「自分が生きたい」と思うと、思い切ったウソが言えなくなります。
しかし、「犠牲になろう」あるいは「みんなが楽しめるように演出しよう」
と思うと、気持ちも楽になります。

失敗しても、終わったあとに
「ごめん、迷惑かけたね」と一言言えばいいんです。
大事なのは楽しい時間を作ることなんですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

ふじわら先生

1980年6月26日生まれ。A型。 仙台市の学習塾「藤原進学塾」を運営しております。ボードゲーム「漁村においでよ!」「俺の街」「ぶたぶたこぶた」作者です。独自の楽しくアタマが良くなる知育パズル本も好評発売中。 自由でストレスのない生活を送るために、人生を楽しむための企画づくりを毎日のテーマとしております!